不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで
不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで 不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで
インターネットでの相談受付は24時間受付中
不当解雇、残業代請求のお問い合わせはこちら

用意していただくもの

用意していただくものについて

ご印鑑(認め印可。ただし、シャチハタは除く)

ご身分証(免許証、健康保険証等)

証拠・資料等

  1. 残業代請求

    ア 時間外労働の時間が証明できるもの
      タイムカード等客観的なものがあれば望ましいのですが、ない場合には勤務時間が記載されている業務報告書も有力な証拠となります。また、これらが用意できない場合には、信用性の点では劣るものの、日記や手帳等に勤務時間をメモしたものも証拠となり得ます。

    イ 就業規則

    ウ 給与明細書

    エ 労働契約書

    ※アからエの全てがそろわなければ請求できないわけではありません。個別の事案によりますので、詳しくはご相談下さい。

  2. 解雇無効確認・未払賃金請求

    ア 解雇通知書
      労働基準法22条2項により、労働者が、解雇の予告をされた日から退職をする日までの間に解雇の理由について証明書を請求した場合には、使用者は遅滞なくこれを交付しなければならないことになっています。通常は使用者から解雇通知書等の文書を交付されますので、これにより解雇理由を確認できますが、使用者がこのような文書を交付しない場合には、解雇理由の証明書を交付するよう求めて下さい。

    イ 就業規則

    ウ 給与明細書

    エ 労働契約書

    ※アからエの全てがそろわなければ請求できないわけではありません。個別の事案によりますので、詳しくはご相談下さい。