不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで
不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで 不当解雇、残業代請求の相談は03-5293-1775まで
インターネットでの相談受付は24時間受付中
不当解雇、残業代請求のお問い合わせはこちら

不当解雇を争っている間に、他の仕事をすることはできますか。

できます。ただし、解雇が無効と判断された場合、使用者から支払われる金銭が減額される場合があります。
解雇が無効と判断された場合、使用者には不当解雇を争っている間の給与の支払いも命じられますが、その間労働者が他の仕事で給与を得ていた場合、給与の二重取りは不公平であるとの判断から、通常の訴訟手続では、労働者が他の仕事で得ていた給与の一部を控除した金額の支払いが命じられることになります。もっとも、労働審判手続では事案の実情に即した柔軟な判断がなされるため、上記のように使用者から支払われる金銭の一部が控除されることはないのが通常です。